ごまとめぐるぐる

普段は訪問看護師として働き 休みの日は 高知を中心に 四国内、外 気になった場所、ものを 自分の目で確かめる めぐるたび してます◉ 相棒さんと一緒に 縁や繋がりを巡って、恵む そんな日々* Instagram(@g0mash1o)をメインで 更新してます☺︎

普段は訪問看護師として働き
休みの日は 高知を中心に
四国内、外 気になった場所、ものを
自分の目で確かめる めぐるたび してます◉
相棒さんと一緒に
縁や繋がりを巡って、恵む そんな日々*
Instagram(@g0mash1o)をメインで
更新してます☺︎



どうも
ごま塩です。


みなさんはどんな風景
行きたくなる風景でしょう?

わたしは綺麗なものももちろんなんですが

え?なんで??

と言いたくなるような
少し変わったものが好きです☺︎


今回の内容も
SNSで見つけたちょっと変わった場所◉


場所は
香川県高松市屋島


FullSizeRender



このへんになるかな(^^)



さて、どんなところか。。


今回は香川県の中心、
高松市にある 台形の山「屋島」、
そのてっぺんにある『屋島寺』を目指します!


『屋島寺』といえば、
源平合戦の舞台にもなったことで
有名なお寺。


そして、お遍路の八十八ヶ所のひとつ
【 84番札所 南面山 屋島寺 】
でもあり、
お遍路さん含め、
たくさんの方が訪れている場所。



屋島ドライブウェイと呼ばれる
長い登り坂を車で登って
広い駐車場に車を停め、
『屋島寺』はもうすぐそこ!



IMG_4951

んん??

IMG_4942

呆然とする相棒さん。。


IMG_4915


ここがその目的地!

一度お目にかかりたかった

『 屋島寺 』の 蓑山大明神

太三郎狸 さま☺︎!




かの有名なジブリ映画、
平成狸合戦ぽんぽこ」で
太三郎狸さま
〈太三朗禿狸〉として
登場、活躍をしていたので
そういえば、
と思い浮かぶ方もいるのではないでしょうか?


IMG_4914

なんで、「たぬき」??

嘘か真かは定かではないですが
諸説として

その昔、
あるタヌキが死にかけたところを
平重盛に助けられ、その恩から
平家の守護を誓ったそう。
そのタヌキの子孫に
「太三郎狸」があたるそうで
平家の滅亡後、屋島に住みつき、
屋島に戦乱や凶事が起きそうなときは
いち早く屋島寺住職に知らせていたよう。
そうした経緯で「太三郎狸」は
屋島寺の守護神となった。

と言われているとのことです。


日本各地の民話登場する化け狸の中でも、
特に有名な三匹の狸の1匹
佐渡淡路に並び
この屋島に住む太三郎狸。。

化ける腕前は天下一品だそうです!

また、
太三郎狸は大恋愛で結婚したことから、
家庭円満・夫婦円満・子宝授けの神として
信仰されています(^^)

横に並ぶ狸は奥さんということですね(^^)


全く知らなかった情報も
現地で知ったり、
帰ってもう少し知りたいなーと
調べたりすることが
これまた旅の醍醐味(*´꒳`*)



IMG_4952


なんだかほっこりするお寺。

ちなみにこの鳥居の裏にも
たくさんのたぬきがいたり。。笑



IMG_4950


屋島の戦い』と呼ばれたこの地、
今でも多くの史跡が残っています。


相棒さんは
歴史が割と好きで
一緒に巡っていると
教えてくれることも多々☺︎


わたしは申し訳ないのですが
あまり興味がなく育ってしまったため
知識は乏しいので
いつも相棒さんの要約に助けられています笑


IMG_4917

なにかポーズをして。
と頼んだらこのポーズが出ました(^^)

那須与一ポーズ だそうです笑



合戦とはちょっと離れてますが
この方はすごい特技があったようです☺︎
気になる方は調べてみてください笑



IMG_4920


山上やドライブウェイからは

瀬戸の海、

高松市街や多島美が一望できます☺︎



屋島ドライブウェイには
源平の古戦場壇ノ浦」を一望できる
ビュースポットが数ヶ所あり、
景色を楽しむドライブとしても
良かったです(^^)


IMG_4921

ドライブウェイの途中にも
たぬき。。。

ちょっとたぬきと同化するわたし 笑


あ!ちなみに。。

このドライブウェイには、
不思議な登り坂
ミステリー坂」なる道があります。


前に『探偵ナイトスクープ』でも
取り上げられてた場所ですので
訪れた際は是非☺︎


ドライブウェイ途中の
示されている看板をお見逃しなく。


あえてここでは書きませんので
自分の目で確かめてください(*´꒳`*)



せっかくドライブしたので。。


IMG_4961

帰り道、

屋島から車を15分くらい走らせ


とある住宅地の中にある

15室のお洒落な アパートメント

RENOWA YASHIMA DANCHI へ寄り道◉


その1Fにある

Hidamari Coffee Stand さん✳︎




IMG_4953


スダチと柿のジュース と コーヒーを

テイクアウトして お店前でひとやすみ☺︎



他にもパン屋があったりと

ここもまた素敵な集合住宅でした◉

またのんびり来てみたいなー☺︎



Access

【  屋島寺 】


高知駅 から 車で 約1時間50分

高松市 から 車で 約20分

〈最寄りIC〉高松中央IC


駐車場は有料(300円)となっています(^^)
小銭の準備をお願いします◉



※基本ごま塩は
Googleマップを参考に行動してます。



最後に。。

瀬戸内海にまるで屋根のような形で

浮かんでいる島、『 屋島


その頂上には
太三郎狸」を奉る蓑山大明神があり、
2匹の夫婦狸、そして子たぬきが
仲良く並んでおります。


IMG_4946

時代を超えても
恩を忘れずに守り続けている。

なんだかほっこりする言い伝えに
親近感がわいてくる、
そんな場所。


観る場所もたくさんあるので
ドライブがてら
『屋島寺』にどうでしょう(^^)


どうも。
ごま塩です。


過去に撮った写真って
みなさんどうしてますか?

わたしはパソコンに保存してるのですが
何せ次から次へと撮るもので
整理が出来ておらず
今になって膨大な量を整理するという作業に
日々追われております 笑


しかし、過去の行ったところを
振り返る良い機会にはなっていて。。


今回の場所も

本当に行って良かった!
またいきたい!

と思える場所なので
思い出の振り返りをしたいと思います。


で、どこに行ってたのかな?

場所は徳島県阿南市


FullSizeRender


どちらかというと
高知よりな場所にある阿南市


ここにとんでもない雰囲気を
醸し出している場所があると聞きつけ
相棒さんと3年前に行ってきました☺︎


高知から徳島へ行き、
さらにそこから1時間程車を走らせ
国道55号線沿いを通ります。



マップ通り、
到着したとその場所を見ると。。


IMG_4850

。。。?

IMG_4849


な、なんじゃこりゃ(´・ω・`)



まるで
ラピュタの城』のような
不思議空間。。



FullSizeRender


こちらの名前は
大菩薩峠


ここ、実は喫茶店なんです!!


オーナーの方が
レンガを一人で焼き、積み上げ、
セルフビルドで 創り上げた
驚愕の建物。。



1970年代から
現在まで続く喫茶店、
オーナーさんが少しずつ少しずつ
レンガを積み立て広げて拡げて。。



IMG_4825


出来上がった手作業とは思えない
この空間美。


IMG_4823


IMG_4815

この写真なんて、
完全に天空の城ですよね。。


IMG_4814


こちら、
喫茶店内は撮影禁止になっていますが
店内以外は撮影可能です☺︎
あ、もちろん
この写真を撮っている場所は
全て店外です
これ観るだけでも
スケールのでかさ、
伝わってくるでしょー笑



店内は撮影せず
のんびりお茶をして
そのあと探検させていただきました(^^)


店内も同じように
手作業で作られた空間で
写真撮りたい欲を
ぐっと我慢しました笑

トイレへの通路が
特にすごくって
これは是非観に行ってもらいたい(*´꒳`*)


IMG_4842

手作業感が伝わる
レンガの不揃い感が
これまた味があって素敵。


IMG_4837

どこに繋がるかわからないこの坂。。


IMG_4843

から、ひょっこり☺︎

いつでもこんな写真撮ってるなと
振り返って笑ってしまいますが。笑


ちなみに、
この奥は駐車場になっています。
このときは奥は建設途中の部分もあり
邪魔にならないよう行かなかったのですが

奥の風景を投稿されている方がいて
観させてもらったのですが
行けばよかったなーと少し後悔。。


IMG_4812


個人が作りあげたにしては
スケール感が本当に大きく、

【日本のサグラダファミリア】

と噂されており
全国各地からたくさんの方が
ここへ来ているそう。


私も写真を観ただけで

行ってみたい!

という気持ちが高まりましたが
行ってみて本当に

行ってよかった!また来たい!

と思いました(^^)!


これは芸術の域です!



Access
【大菩薩峠】


高知駅 から目的地まで車で 2時間50分

徳島市 から目的地まで車で 50分

〈 最寄りIC 〉徳島IC


高知県寄りの場所にある為、
高知から室戸、東洋町を通って行くルート
ありますが、3時間以上かかります。
時間は大丈夫だから高速は通りたくない!
という方は
高知周りからでも良いかと思います。

海沿いの道はドライブにはとても良いです◉


※ごま塩は
基本Googleマップで運転しています☺︎




最後に。。


ごま塩が訪問したのは
2015年の6月。

はやくも3年が経ちますので
城は変化しているかもしれません☺︎

※2018年現在の話では
今、工事は行われていないとのこと。

IMG_4784

テーマは『未完成』

徳島にそびえる城。【大菩薩峠】


わたし自身もまた、
この目で確認しに行きたいと思ってます☺︎



過去に

本当に行ってよかった!

と思う場所のひとつです(^^)




ではまた◉











昨年11月、
相棒さんが見つけた
Facebookの記事。


webサイト〈 https://curazy.com 〉
笑うメディア クレイジー』さんの企画

東北出張ライター募集

という企画。


ダメ元でなんでも挑戦あるのみ!

と元々行ってみたかった
宮城県へのたびの自己PR、旅プランを応募し
まさかの選考連絡がありました☺︎


そして先日、
1月2度目の週末に
宮城県、1泊2日の旅へ☺︎!


IMG_3397


せっかくの東北、
宮城県への旅行。

高知から、四国から、
宮城県に行きたい!
思っている人がきっといると思いますので
少しでも参考になればと思い
旅行記をこちらでも投稿します◉



さて、宮城県、どうやって行こう。

今回は
高知から宮城県への移動手段
記入しておきます☺︎

なにせ、初めての東北。。

どうやって言ったらいいのか
事前知識もないのでした(´・ω・`)


手段として。。

いろいろと調べてみましたが、


①飛行機乗り継ぎ
高知空港 ー 伊丹空港 ー 仙台空港
約3時間30分 / 5万前後


②JR、新幹線乗り継ぎ
高知駅 ー 岡山駅 ー 東京駅 ー 仙台駅
約10時間 / 3万前後

③飛行機、新幹線
高知空港 ー 羽田空港 ー東京駅 ー 仙台駅
約4時間 / 3万前後


料金は時期や時間、
条件によって違うのであくまで参考に。


と、意外と方法はありました!

この他にも、
高速バスを使う手も。

ただ、
高速バスを使うと 安値にはなりますが
移動時間が10時間を超えてしまいます
そして高速バスで
体力がやられますよね。。


観光を目的に行くのであれば
いくら安くても
移動に10時間かけてしまえば
観光どころではなくなりますし、
時間は我慢する!にしても
旅先での身体の体調も考えると
上に記入した分が妥当かなーと思います☺︎


IMG_3334


しかし、
高知空港からの飛行機の到着先
限られたところしかないので
乗り継ぎは仕方ないですねー☺︎


これが
高知に住む悩みのひとつですね。

飛行機の便、到着先
増えないかなー(´・ω・`)



あ、今回ごま塩は、
笑うメディア さんの方が
全て用意してくれましたので
③の移動手段で移動しました(^^)


行きの実例を紹介!

7:15 - 8:25 【飛行機
高知空港羽田空港

羽田空港に着いたあとは
東京モノレール、JRを乗り継ぎ 
羽田空港→浜松町駅→東京駅
(さすが、お街!時間決めなくても
便がたくさんあってなんとかなります笑)

10:20 - 11:25 【東北新幹線
東京駅仙台駅


この旅の
高知から宮城への移動時間は、
4時間10分でした(^^)!


ちなみに帰りも同じ方法で移動◉
15:30 に仙台駅を出発し、
20:25 には高知空港に到着 しました(^^)



この旅で1番嬉しかったのは
やはり、
東北新幹線 です!


IMG_4370


はやぶさ。。
かっこよすぎるー(*´꒳`*)♡


IMG_4798



先頭車両まで行き
写真を撮ってテンション上がってましたが
わたし以外に写真を撮ってる人はおらず笑


最後に。

今回は簡単に
高知県 から 宮城県
移動手段をお伝えしました(^^)


旅が決まったころの

「そういえば、
東北ってどうやっていったらいいんだろ?」

の疑問。


確かに高知から東北なんて
なかなか行くことないですもんね☺︎


ただ、どこでもそうですが
調べてみると 色んな手段があり
全く見えなかった道筋が見え
俄然旅が楽しみになってきました(^^)


こうやっていけるんだよ ☺︎

ってのを知ってるだけで

わたし、東北行けそう!

になりますよね(^^)


旅への最初の一歩、
無事に踏み出すことが出来そうです(^^)


って行ってきたんですけどね笑



また他の記事も覚えてるうちに
書きたいなと思います◉


では☺︎




※2月6日、
無事提出した記事も編集していただき
webサイト
『笑うメディア クレイジー』さんの
【東北特集】ページに
投稿されました(*´꒳`*)

掲載記事↓
【牛タンだけじゃないぜ!「可愛い、綺麗、素敵♪」女子の好きがたっぷりの宮城県巡りの旅】



Instagramには少し載せてますが
こちらでも裏話や
載せきれなかった写真
載せていけたらなと思います☺︎






↑このページのトップヘ